Realtime Raytracing 資料

■ DirectX Raytracing

Getting Started with Raytracing
http://forums.directxtech.com/index.php?topic=5860.0

GDC DirectX Raytracing
https://msdnshared.blob.core.windows.net/media/2018/03/GDC_DXR_deck.pdf

Announcing Microsoft DirectX Raytracing!
https://blogs.msdn.microsoft.com/directx/2018/03/19/announcing-microsoft-directx-raytracing/

■ Metal

Metal for Accelerating Ray Tracing
https://developer.apple.com/documentation/metalperformanceshaders/metal_for_accelerating_ray_tracing

Metal for Ray Tracing Acceleration
https://developer.apple.com/videos/play/wwdc2018/606/
https://devstreaming-cdn.apple.com/videos/wwdc/2018/606id8hzoex3kf/606/606_metal_for_ray_tracing_acceleration.pdf?dl=1

Metal の Raytracing は MPS として提供されています
https://developer.apple.com/documentation/metalperformanceshaders

使った事は無いので詳しくないですが、Metal Performance Shader は Metal の上位レイヤーとして提供されているライブラリー (framework) の事で、MPS を使うことで、各 iOS や Mac に最適化された機械学習やレイトレーシングの機能を利用出来るようになるみたいです。

GPU を使った機能なので shader という名前が付いています。恒例的に仕方ないのは分かるのですが、ニューラルネットワークの機能も提供しているフレームワークの名称が shader  って、何だかややこしいですね。

■ Vulkan

NVIDIA RTX: Enabling Ray Tracing in Vulkan
http://on-demand-gtc.gputechconf.com/gtcnew/on-demand-gtc.php?searchByKeyword=s8521&searchItems=&sessionTopic=&sessionEvent=&sessionYear=2018&sessionFormat=&submit=&select=
http://on-demand.gputechconf.com/gtc/2018/presentation/s8521-advanced-graphics-extensions-for-vulkan.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください